【ふらつき.com】〜低血圧症〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
huratsuki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここではふらつきを起こす病気のひとつ、低血圧症について詳しく説明しています。

低血圧症、いわゆる低血圧とは普段から血圧が低い状態、すなわち血管へかかっている圧力が低い状態のことを言います。一般的に血圧値を測定した時に、最大血圧(収縮期)が100oHg以下、最低血圧(拡張期)が60oHg以下の時に低血圧であるとされています。

低血圧症の症状としては、頭痛や頭重(頭が重い感じ)や肩こり、ふらつきやめまいや立ちくらみ、不眠や集中力低下、動悸や息切れ、食欲不振や胃もたれ、下痢や便秘など様々なものが挙げられます。

低血圧は、原因が定まらない本態性低血圧と、原因が特定でき何かの病気の症状として現れている二次性低血圧、その中でも急に立ち上がった時などに起こる一過性の起立性低血圧の3つに分けられます。低血圧を起こす要因としては、体内を循環している循環血液量の減少、心臓から送り出す心拍出量の減少、血液の粘り気(粘稠度)の減少などが挙げられます。

低血圧症の治療としては、高血圧症と同様、食事の制限や適度な運動などの生活習慣の改善が必要となります。症状が強く現れ、日常生活にも支障がある場合は血圧上昇薬や精神安定剤などの薬剤を用いることも検討されます。しかし、一般的に症状がたまにしか現れない方や症状がほとんどない方の場合は、低血圧であっても特に治療をする必要もありません。


⇒ 高血圧症

⇒ 鉄欠乏性貧血

sponsored link



【ふらつき.com】TOP

copyright©2014  【ふらつき.com】〜頭・めまい・吐き気・原因〜  All Rights Reserved