【ふらつき.com】〜脳腫瘍〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
huratsuki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここではふらつきを起こす病気のひとつ、脳腫瘍について詳しく説明しています。

脳腫瘍とは、頭蓋骨内に腫瘍が発生した状態を言います。大脳や小脳などの脳組織に出来た腫瘍と混同されますが、正しくは脳細胞だけでなく、硬膜やクモ膜、血管や末梢神経なども含めて、頭蓋内に発生する腫瘍を総称して脳腫瘍と言います。
脳腫瘍には、他の部位に発生した癌の転移によって生じる転移性脳腫瘍と、脳組織自体から生じる原発性脳腫瘍に分けられ、原発性脳腫瘍はさらに良性と悪性に分類されます。

脳腫瘍の症状としては、強い頭痛、吐き気や嘔吐、めまいやふらつき、視野欠損や視界のぼやけなどが代表的です。腫瘍の出来る場所によって様々な症状が発生し、運動麻痺や難聴、言語障害、記憶障害、意識障害なども挙げられ、場合によっては痙攣するてんかん発作を起こすこともあります。

脳腫瘍の治療は、基本的に外科手術によって腫瘍部分を切除する方法が取られますが、実際にはその分類によって治療法も変わります。また外科手術自体が難度の高い手術で、高度な技術と豊富な経験を持った専門医による執刀が求められます。原発性脳腫瘍の良性の場合では、腫瘍部分を切除さえすれば再発もなく完治が可能です。しかし悪性の場合や転移性脳腫瘍の場合では、これだけでは完治しないことが多いです。手術と合わせて、放射線治療や抗がん剤治療を行い、経過を観察します。再発することも多く、再発した場合は再度腫瘍部分切除する繰り返しになってしまいます。


⇒ 脳梗塞

⇒ 脳出血

sponsored link



【ふらつき.com】TOP

copyright©2014  【ふらつき.com】〜頭・めまい・吐き気・原因〜  All Rights Reserved