【ふらつき.com】〜脳梗塞〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
huratsuki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここではふらつきを起こす病気のひとつ、脳梗塞について詳しく説明しています。

脳梗塞とは脳の血管が詰まったりして脳の血液循環が滞り、脳組織が活動・活性化するのに必要な酸素や栄養などが不足してしまった状態が継続し、脳組織の壊死が進んでしまった状態を言います。脳の壊死が進むと脳が解けるように軟化してしまうことから、別名脳軟化症とも呼ばれています。
脳梗塞は以下の3つに分類されます。

【アテローム血栓性脳梗塞】
脳や頸部の太い血管に動脈硬化が生じ、血栓が発生して血管が詰まった状態を言います。脳梗塞のおよそ35%がこのタイプになります。

【心原性脳塞栓症】
心房細動や心筋梗塞など心臓において発生した血栓が脳まで流れ着き、脳内で梗塞を起こしてしまった状態です。さらに、詰まっていた血栓が壊れて脳の動脈に血流が戻ると、梗塞した部分に出血して出血性脳梗塞になってしまう場合もあります。
脳梗塞のおよそ25%がこのタイプになります。

【ラクナ梗塞】
糖尿病や高血圧などによって、脳内の細い血管において直径15ミリ未満の小さな梗塞が起きた状態を言います。現在日本人に最も多いタイプの脳梗塞で、およそ40%を占めています。

脳梗塞の症状としては、生あくびやふらつき、意識障害、手足のしびれや麻痺、手足や顔面などの知覚障害、言語障害、失語症、などが挙げられます。

脳梗塞は時間との戦いになります。発症して3時間以内に治療を始められれば比較的予後は良好ですが、時間が大幅に過ぎた後では脳の壊死が進行し、死亡率が上がるだけでなく治療後に重篤な後遺症が残ってしまう可能性が高くなります。


⇒ 脳腫瘍

⇒ 脳出血

sponsored link



【ふらつき.com】TOP

copyright©2014  【ふらつき.com】〜頭・めまい・吐き気・原因〜  All Rights Reserved