【ふらつき.com】〜鉄欠乏性貧血〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
huratsuki★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここではふらつきを起こす病気のひとつ、鉄欠乏性貧血について詳しく説明しています。

女性に多い貧血ですが、貧血の中でも最も多いのが鉄欠乏性貧血です。血液中には色々な成分が含まれていますが、その中の赤血球に含まれるヘモグロビンを生成するのには鉄分が必要で、鉄分が不足すると赤血球中のヘモグロビン量が減少し、赤血球の大きさも縮小してしまいます。ヘモグロビン量が減少すると、各臓器への酸素供給が滞り、体の各機能が低下していくことになります。このような状態の事を鉄欠乏性貧血と言います。

鉄欠乏性貧血の症状は、酸素供給量の低下を補う為の心拍数の増加に伴う動悸や息切れ、全身の気だるさや疲労感、めまいやふらつきなどが挙げられます。
症状の現れ方は徐々に進行するのが特徴で、初期では無症状であることも多く安静にしている場合では鉄分が正常値の半分まで下がっても別段異常を感じない事もあります。

治療は基本的に鉄分の補給を行うことです。鉄剤の内服をしばらく継続して、それでも症状が改善されないようであれば、入院して静脈注射や点滴で鉄剤を使用することもあります。また並行して食生活の改善も必要となります。鉄分を多く含む肉類やレバーなどを、偏食にならないようバランス良く補食するように心がけましょう。


⇒ 低血圧症

⇒ 高血圧症

sponsored link



【ふらつき.com】TOP

copyright©2014  【ふらつき.com】〜頭・めまい・吐き気・原因〜  All Rights Reserved